ABOUT

Management Philosophy
-経営理念-

複雑な機械製品や付加価値の高い製品づくりに強い日本の「モノづくり企業」。

「優れた技術力や製品、その存在を世界に向けて発信し、日本のモノづくり企業とマーケットを映像の力で繋ぐ」

それが私たちの存在意義です。

Vision

私たちが制作するのは「作品」ではなく、お客様の事業や製品サービスを世界に伝えるための手段、ツールとしての映像、グラフィックです。

プロモーションの一環としてのPR映像、ステークホルダーへの説明・紹介映像、パンフレットなどの各種印刷物など、
ターゲットや製品の特性を考慮し、営業戦略や広告広報の目的に合致した、より、ベターな映像とグラフィックを作成します。

お客様とのコミュニケーションを通じ、お客様と共に課題解決へのゴールを目指すのが私たちのワークスタイル。
もちろん製造業、モノづくり企業向けの映像制作、グラフィック制作専門会社として、
効果的な伝わるツールと方法を提示させていただきます。
実写、3DGC、アニメーションなどの映像化、モーショングラフィックや
スライドショー、ポスター・パンフレットなどのグラフィックは、私共がこれまで築き上げた技術力でお応えします。

Profile

代表 Production Director藤田 猛士
代表あいさつ

「ツクリテラ」
この一風変わった社名は「作り手たち」のこと。
「モノづくり」の作り手。「映像づくり」の作り手。
作り手同士が手をつなぎ、課題に立ち向かい、共創する。
当社の経営理念とビジョンを社名に込めました。

かつて、ものづくり大国と呼ばれた日本。
しかし今は、新興国の興隆や時代の変遷とともにその勢いは失われた様に感じます。しかしながら、この様な状況でも、日々精進し、新しい基軸と優れた製品群を生み出しているモノづくり企業が多く存在することを知っています。
日本の「モノづくり企業の技術力」その根幹を支える「卓越した職人の技術力」それを映像とグラフィックの力で世界に向けて発信したい。
当社の活動が、市場の活性化につながり、微力ながらも次世代のモノづくり立国への一助となれれば幸いです。

経歴
  • 子供の頃の「将来の夢」はカメラマン。
    大学在学中より、広告カメラマン・東聖治氏に師事。
    福岡にてフリーランス経験後、2009年、株式会社2055(https://www.2055.jp/)入社。
    映像事業を立ち上げ、その後10年間に渡り様々なメーカーの映像を制作。
    2019年独立し、ツクリテラ合同会社設立。
<< Go TOP