BLOG

撮影機材

Godox SK300II

image

お盆を過ぎても殺人的暑さが続いていますね。

さすがに人通りが、ほぼない道路ではマスクを外さないと

やってられません。

 

どうも、藤田です。

 

先日、スチールの物撮りのご依頼をいただきまして、前職でも写真をすっかり

撮ることがなくなってしまっていた自分としては、実に5~6年ぶりぐらいの商品撮影。

映像制作がメインのツクリテラとしては、スチール機材が充実していなかったので、

急遽購入することと致しました。

 

とはいえ、お仕事停滞のこのご時世。なかなか高価な設備投資ができるわけでもないので、

フリーランスカメラマンには定番となった「神牛」を中心にネット検索いたしまして、

Godox SK300IIを3台購入したのですが、その価格にビックリです。

バンドア、ハニカム、色フィルターがついて、しかもワイヤレスまで内蔵で、締めて4万円台。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07X9R1BCL/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_s3GoFb5GFW5MP

(Amazonでの法人価格で、さらに1割ほど安い)

 

かつて、フリーランスの時に、1台20万円以上もbroncolorに掛けたのが何だったのかと、

若気の至りに悲しくなりました。

 

SK300II

 

で、肝心の性能はといいますと、光の質、使用感、全く問題ないですね。

そりゃ、ほ~んの気持ち光が硬いかなぁとか、電源ケーブルがしなやかじゃないとか、

ダボを別で用意しないと既存のスタンドにつかないとか、言い出したらキリがないですけれど、

細かなことは置いとくとして、3台の発光にバラツキもないですし、概ね良好かと。

コントラストとか、ライティングや後処理でどうとでもなります。

 

ただ、ハニカムつけてしばらく置いておくと、熱暴走エラーで

冷めるまで使えなくなる、というのが難点ですか。まぁ、過熱で火を吹くよりはマシですけれど。

今度、口金の合うコーン型LEDライトが使えるかテストしてみましょうかね。

 

ステップが1/10 ではなくて、1/3なのはいいとして、

出力が1/16までしか落とせないので、あと1段ぐらい落とせると

嬉しかったかなぁ。

 

かつての、安かろう悪かろうではなく、これから、どんどん質の良い中華製機材が出てくるのでしょう。

ロケに持って出ることはないでしょうけれど、この性能で、一回り小さくなってくれたら、最高ですね。

 

関連する記事

<< Go TOP